2017年08月10日

台船がやってきた 2017年8月10日

ヨコハマトリエンナーレ2017とリンクする、「BankART Life V」が始まっている。ブログを長い期間お休みしてしまったのは、例年と変わらず、とても準備に忙しかったからだ。本日の作業で少し落ち着いたので、遅ればせながら、これからさかのぼって書いていきたい。後付け日記になることをご容赦願いたい。
さて、今日は台船の設置日。紆余曲折し続けた上、やっとのことでプランを実現することができた。写真にあるように、台船(7.5メートル×18メートル)をNYKに着岸させ、何かしようというプランだ。本当をいうとはっきりとしたプランがあったのだが、いろいろあってポシャってしまい、現在検討中であるというのが正直なところだ。夏らしい楽しいプランを考えている。
明日は、この台船と護岸をつなげる橋の設置だ。干満の差が2メートル以上あり、これもまた工夫がいる仕事だ。
展覧会は始まっているけど、引き続き頑張りたい。

台船2.jpg

台船.jpg
posted by BankART1929 at 21:00| Comment(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

BankART AIR 2017終了  2017年6月20日

BankART AIR 2017が終了した。いろいろ思うところもあるが、「やっぱり制作の現場はいいな」ということにつきる。ニューヨークのギャラリーが取り扱い作家を決めるには、取り急ぎアトリエにいってどんな風にやっているか、どのくらい作品量をもっているかをみるというのを聞いたことがある。数十前のこんな話と現在のAIRプログラムとを比較するのはどうかとは思うが、実際にリアルな情報が、作品制作の方法はもとより、何を食べているか、夜型か朝型か等、自然にこちらに伝わってくる。一方、真反対のことも感じる。作家のことを知りすぎるということだ。知らなくてもいいこと、神秘的なことが全て真裸にされて、作家にいだいていた壮大さ、不思議さが、飛んでしまう。BankART AIRもまたそんな「現場」が垣間みれるプログラムである。つくること、みてもらうこと、つくったもの、つくる人同士の共同幻想等々。これまでおこったこと、これからおこることの「るつぼ」が可能性としてここには繰り広げられている。


posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

BankART AIR OPEN STUDIO 2017 2017年6月18日

4月から約二ヶ月間、BankART Studio NYKで制作してきた43組のアーティストによるオープンスタジオが、6月9日(金)からスタート。梅雨入りし、天気が危ぶまれたが、快晴のなかオープニングを賑やかに迎えることができた。
パーティのメニューは、いつもどおりの、みかんぐみのレンガキッチンでの焼き肉や焼きそば、お寿司。みんな食べるのがはやい。
今回は、地方都市から参加しているチームに加え、台湾、アメリカ、オーストラリアなどの海外組が7チーム。毎週末のアーティストトークは毎回満席、作家同士の交流も活発でプログラムとして大分定着した感じだ。オープンスタジオ初日300人を越え、とても活気があった。期間中には、スタジオアーティストの企画するイベントが多数開催された。公開の会期は6月18日(日)19時まで。
関連イベント: http://bankart1929.com/archives/1793

3G5A5438.jpg

3G5A5424.jpg

3G5A5439.jpg

3G5A5455.jpg

3G5A5301.jpg

3G5A5402.jpg

3G5A5517.jpg

3G5A5500.jpg

3G5A5522.jpg









posted by BankART1929 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

nitehi works presents 「Concerto L’accordo Contrabbando」2017年5月27日

清水恒輔(コントラバス)と生駒祐子(アコーディオン)のデュオ「mama!milk」のライブをkawamata Hallで開演。横浜を拠点に活動する美術家、稲吉氏が率いる「似て非works」が主催、会場演出を行なった。カフェでは人が賑わう真昼の時間帯での開演だったが、ホールの中は深い夜のような空間。哀愁漂う美しい音色は聴く人を惹きつけ、時の流れを忘れさせるライブでした。

ikari-7-w.jpg
hiroyuki ikari

takeshi-2-1-w.jpg
takehi fukushima
posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

BankART スクール 楢橋朝子「写真ワークショップ」初回 2017年5月18日

この講座は、写真家の楢橋朝子さんによる、受講生の写真作品の講評がメインだが、毎回最初に楢橋さんから現在活躍しているの写真家の紹介がある。初回はメキシコの写真家、マヌエル・アルバレス・ブラボ。
その後、受講生の作品講評。ほんとうに全員が全く違うタイプで、見ていて面白い。楢橋先生がひとりひとりの作品を丁寧に読み解き、掘り下げる、その理解ある補助線が、この後皆の作品にそれぞれどう影響していくのか、全6回が楽しみな講座です。

_DSC0045.JPG

_DSC0054.JPG

_DSC0059.JPG
posted by BankART1929 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

BankART school  金澤毅「現代美術の世界/世界の現代美術」スタート2017年5月17日〜

評論家であり、原美術館の副館長であった金澤毅氏による講座「現代美術の世界/世界の現代美術」がスタート。金澤氏のBankARTスクールは今回が初。「芸術と社会」「サブカルチャーとは何か」といったテーマを毎回掲げながら芸術への多角的な理解を深める事に焦点あてる。初回では「文化と文明の違いについて」と題し、アートとは何なのか、アートでない物は何なのかを"文化と文明"のキーワードとともに解説した。


_DSC0035.JPG

_DSC00412.jpg

_DSC0039.JPG
posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

BankART school 中村恩恵「ダンス・クリエーション WS」開講 2017年5月16日〜

BankART AIR2017のスタジオアーティストでもある振付家、中村恩恵さんのスクール講座「ダンス・クリエーション WS」がスタート。本講座は、中村恩恵さんの指導のもと実際に身体を動かしながら、ダンスの振り付け法を学んでいく。受講生は個人で活動しているダンサーやサラリーマンからスタジオアーティストなどダンス経験も職業もさまざまだが、みなさん表現することに意欲的で感受性も豊か。活気あるワークショップになりそうで、今後が楽しみだ。

_DSC0030.jpg

_DSC0024.JPG

_DSC0027.JPG


posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

BankART school 村田真+和田菜穂子「美術館の読み方、楽しみ方」がスタート2017年5月15日〜

今回初めて講師を担当する和田氏は建築+アートの分野を横断し、キュレーションやアートマネジメント等、多岐にわたる活動をおこなっている。本講座は、村田(美術)と和田(建築)の2人の講師によるそれぞれの観点から近代以降の日本の美術館の成り立ちから美術館の建築史を分かりやすく掘り進めていく予定だ。具体例として東京、神奈川に限定した美術館を毎回取り上げていく。初回は村田真校長が担当。取り上げられた美術館は、東京国立博物館、東京都美術館、神奈川県立近代美術館。これら3館はル・コルビュジエの弟子の建築家たちが設立をしたという共通点がある。コレクションありき、団体展、企画展とそれぞれの展覧会様式を比較しながら、各美術館の成り立ちについて言及した。

_DSC0003.JPG

_DSC0011.JPG

_DSC0006.JPG


posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

朝鮮通信使祭列席とホンティアートセンター訪問 2017年5月8日

5月の連休の頃は、毎年釜山へと招かれます。釜山タワーのある龍頭山公園周辺を中心に、朝鮮通信使祭が毎年行われるからです。今年も例年通り好天に恵まれ、式典や行列に列席してきました。
今年は特に、現在日韓共同登録申請中の、朝鮮通信使のUNESCO世界記憶遺産への登録の可否がこの秋に決まることになっており、それを祈願する催しなども行われました。
IMG_2496_0.jpg

2017050920124821_0.png

2017050920124609_0.jpg

翌日は釜山市街から西方に向かい、ホンティアートセンターへ。
釜山文化財団との協定により、レジデンスの交換プログラムの準備を進めているため、施設と周辺の下見に。周囲は工業地帯ですが、合間にアーティストのスタジオが点在しているそうで、徒歩3分くらいのところに、区が新たなレジデンス施設を新設していました。また新しくできる釜山市の現代美術館も近くにできるとあって、これからが楽しみな地域のようです。
IMG_2603_0.jpg

IMG_2566_0.jpg
スタジオは1Fで居住は2F。写真は居住スペースの廊下。

IMG_2556_0.jpg
ホンティに長期で入居しているアーティストのスタジオを訪問。

IMG_2628_0.jpg
周囲の街の様子

IMG_2625_0.jpg
新設中のレジデンス施設。
posted by BankART1929 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

「BankART school いかに戦争は描かれたか」発売開始! 2017年4月26日

BankARTスクールで8回開催されたゼミの内容を収録したアグレッシブな書籍が誕生しました。スクールの構成も含めて、校長の村田真が、深く編集に携わりました。ブックデザインはバーバラ・ダーリン氏、編集協力に笹川治子氏等が参画してくれました。著者は以下のスクール登壇者の面々。

大谷省吾氏(東京国立近代美術館)
「東京国立近代美術館の戦争記録画とその周辺」

林 洋子氏(文化庁)
「藤田嗣治-二つの世界大戦を経て」、

河田明久氏(千葉工業大学)
「明治の戦争と美術」

木下直之氏(東京大学)
「戦争とモニュメント」「戦争とスペクタクル」

A5判 224p ¥1,200+税

book.jpg
posted by BankART1929 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする