2009年10月31日

ヨコハマ国際映像祭2009「CREAM」

いよいよヨコハマ国際映像祭2009「CREAM」が始まりました。世界中から集められた映像作品を観ることができます。BankART Studio NYKはその会場の1つで、特に海外の作家の作品が中心に設置されています。
前日までほぼ徹夜で作業をしていました。作家の皆さん、スタッフのみなさんお疲れさまです。
全館を通して約1ヶ月間NYKは映像づくし。作品もかっこよいものばかりです。期間中はイベントも多く開催予定とのこと。芸術の秋、ぜひ足をお運び下さい。
詳細はCREAM公式HPへ。http://ifamy.jp/

cream.jpg
posted by BankART1929 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

大野一雄フェスティバル2009 「禁色 work in progress 1960」

禁色work in progress プロジェクトの最終日、立ち見もでる盛況でした。60年代に土方巽のダンスエクスペリエンスに深く関わった、高井富子氏、石井満隆氏、笠井叡氏、大野慶人氏がそれぞれ短い作品を踊りました。何が起きるかわからない緊張感の中で、少ない動きでも密度の高い踊りが展開する。一挙手一投足に観客熱い視線。こういう熱気を劇場で体験するのも久しぶりのことでした。


oono-1.jpg
大野慶人 土方巽の振付作品

takai.jpg
高井富子 刻々に変わる細かい表情が印象的

ishii.jpg
石井満隆 事前の決め事は一切なしの即興

kasai.jpg
笠井 叡 若いオイリュトミストと共演

ohno-2.jpg
大野慶人 大野一雄の指人形で踊る
posted by BankART1929 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

大野一雄フェスティバル2009 「禁色 work in progress 2 1959」

禁色プロジェクトの2日目。「禁色」は1959年5月に初演され、9月に「禁色2」という作品が上演されます。ここではじめて大野一雄が土方巽の作品に登場します。いままであまり注目されることのなかった「禁色2」に焦点を当て、「禁色2」の出演者であり、初演の「禁色」の上演にも立ちあった若松美黄さんをむかえて、あらためて両作品を再現しました。

kinjiki2-1.jpg
初演と同様、ニワトリを使うシーン。

kinjiki2-2.jpg
「禁色2」のセットを再現。障子紙を破る男の腕。

kinjiki2-3.jpg
細江英公監督「へそと原爆」を上映。

kinjiki2-トーク.jpg
posted by BankART1929 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

大野一雄フェスティバル2009 「禁色 work in progress 1 1957〜1959」

舞踏の原点と言われる作品「禁色(きんじき)」の初演50周年を記念する企画です。
「禁色」は、1959年に土方巽と大野慶人のデュオとして上演されました。日本のButohの最初の作品と言われていますが、あまり資料もなく、実際にどのような作品であったのかは知られていません。そこで、当時直接に関わった人を招き、再現を試みました。第1日目は、「禁色」に出演した大野慶人さん、1957年に土方巽とデュオ作品を作った小原明子さん、土方巽の愛弟子の和栗由紀夫さんが、それぞれの立場から「禁色」にアプローチしました。

kinjiki1-1.jpg
「禁色」はホモセクシュアルをテーマにした作品

kinjiki-1-2.jpg
小原明子と大野慶人のデュオ

kinjiki-1-3.jpg
50年代の写真を見ながらレクチャー
posted by BankART1929 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

大野フェス2009:鈴木孝子「MENUT」

ダンサー/振付家の鈴木孝子さんと音楽家のアクセル・ドーナーさん、映像作家の祢津悠紀さんの3人による、都市変層学プロジェクト「MENUT」。限られた期間の中で横浜に滞在し、それぞれ3人の視点でマテリアルを採集、もう一つの街を創るという表現に結びつけていくプロジェクトです。
世界中をまわるという彼らは、旅の中で訪れる街のあらゆるテクステャーによってインスピレーションを受けるのだそう。今回の「MENUT 横浜編」も、横浜の街の音や風景、人々の話、動きなど様々な要素が現れています。
この「MENUT」は2010年ベルイート編を企画中。シリーズ化の予定です。

menut-1.jpg

menut-2.jpg
posted by BankART1929 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

横浜ダンス界隈2009

大野一雄フェスティバル2009。荒天の間隙をぬって晴れ間ののぞいた日曜日、街に出ました。毎年恒例のプロジェクトとなりましたが、今年はBankART Studio NYKを起点に、ヨコハマクリエイティブシティセンター(旧第一銀行)、郵船プール前の遊歩道、象の鼻芝生広場、象の鼻防波堤、山下公園へと、約3時間の行程を歩きました。

nakajimanatu.jpg
中嶋夏 : BankART Studio NYK 3階
タンゴで踊る車椅子とのデュエット

kenjirubien.jpg
ケンジル・ビエン : ヨコハマクリエイティブシティセンター
サンマを焼きながらクレージーなダンスを展開

hitsujiya.jpg
羊屋白玉(指輪ホテル)& スカンク : 郵船プールの船の上
ちょっとコワイ大人の童話の世界

tabata.jpg
田畑真希 : 象の鼻芝生広場
ライブ音楽と空間を切り裂くダンス

anai.jpg
穴井豪 : 象の鼻防波堤
これぞ横浜ダンス界隈!

ohmori.jpg
大森政秀 : 山下公園
ベートーベンの月光が流れる静かな幕切れ。空には満月が出ていました。
posted by BankART1929 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

大野一雄フェスティバル2009 AAPA 「COVERS」公演

AAPAはAway At Performing Artsの頭文字をとって、アアパと読みます。パフォーマンス、環境音楽、照明、美術、建築などジャンルを超えたアーティストたちの共同作業で独自の表現を創り出す活動をしています。これまで劇場などでの公演はほとんどせず、野外やビルの屋上、海水浴場など様々の空間で活動を展開してきました。今回はNYK3階の2ブロックを使い、観客は前半と後半で場所を移動してみるというユニークな演出でした。
観客が移動して舞台が出来ていったり、視界を遮っていた半透明のものが次第にセットバックしていき、空間が現れて来たりする中で、それとは無関係にダンスも展開していく。大げさな表現はどこにもないのですが、いろいろなところから感覚を刺激される時間でした。

AAPA-1.jpg

AAPA-2.jpg

AAPA-3.jpg
posted by BankART1929 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(2) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする