2009年12月17日

藤本隆行さんスタジオイン

fujimoto.jpg
BankART Studio NYKでは、今月25日から始まる展覧会「TIME LAPSE PLANT」に向けて、ダムタイプの一員で、照明アーティストとして活躍する藤本隆行さんがスタジオインしています。今回制作されている作品は、東京都写真美術館で開催される「第2回恵比寿映像祭」の出品作の試作機として、BankARTで開催される展覧会で発表されます。
スタジオの中をのぞくたびに、大きな機材や見たことも無い塊のようなものが。完成される作品が楽しみです。
posted by BankART1929 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

チラシ大量発送

師走。
年末から年始にかけてのお知らせをお送りするための作業が始まりました。
発送の量も年々増え続け、今回の郵送物はなんと8000通以上!
しかし、この8000通を送るという作業、全て手作業のため大変です。体力はもちろん、時間内に完了しなくてはいけないため、スピードと正確さが要求されます。
スタッフ一同、後半には職人のような手さばきで終了。無事に発送する事ができました。
hasso.jpg
posted by BankART1929 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

韓国より

今日は韓国からお客様。
ソウル文化財団およびソウル市の方々です。2ヶ月ほど前、このソウル文化財団の1つの施設、グッチョン・アート・センターというレジデンス施設のオープニングの際に、シンポジウムとそのレセプションにBankART代表の池田が呼ばれて行ってきました。彼等は今、アートセンターをソウル市内のいくつかの地域に次々とオープンさせています。そしてそれらは、BankARTおよび、この横浜の創造都市事業をお手本にしたと言っています。今後も具体的な協力関係を結んでいきたいということで、その協力関係の協定調印と視察をかねて来日されています。今日は、横浜美術館や、寿地区、急な坂スタジオ、象の鼻テラス、赤レンガ倉庫などを視察にまわりました。
朝の飛行機では小沢幹事長と同じ飛行機だったようで、羽田空港脱出まで手間取りましたが、無事に1日目が終わりました。2泊3日で滞在されます。
つづく。

091213_1520~02.jpg
寿地区にて。

091213_1636~03.jpg
急な坂スタジオにて。
posted by BankART1929 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

納会

今日は、横浜市の行政運営調整局の納会がありました。
行政運営調整局といえば、BankARTでは昨年のトリエンナーレ期間中に開催した「BankART Life2」のときの、市庁舎での展示で大変お世話になりました。
ちなみに、どんなことをしているところかなと市のHPを覗いてみると、「議会関連事項、法制、人事、機構、電子市役所、財源確保、予算・決算、税、契約・財産」とあります。今日は今年最後の市会の最終日でもありました。ところでこの「行政運営調整局」という局の名前ですが、この4月から以前の名称である「総務局」という名称に戻るのだそうです。

DSC_0033_0.jpg

パーティでは、局内の10大ニュースの投票+発表など、独自の演出での盛り上がりが印象的でした。「総務」というと、なんとなく生真面目で事務的な感じを想像される方も多いと思いますが、お仕事に対する熱い思いと適度なユーモアが、素敵な会でした。
そういえば、もう12月も1/3を過ぎ、だんだんと「師走」という言葉が実感されてくる今日この頃です。
posted by BankART1929 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

PATE屋のパテ

BankART Pub で不動の人気、PATE屋のパテ。
現在4種類のパテ(レバー、カキと法蓮草、クリームチーズ、ゴマとヒヨコ豆)を出しています。

通常のパテと違ってとても新鮮で、香り豊か。濃厚な味が口の中に広がります。
それぞれのペーストは、個性的な色彩を放っています。

PAP_0023.jpg
こちらは、カキ法蓮草とクリームチーズ。
ワイン、ビールが進みます。

日本で最初にパテを販売し始め、30年以上田園調布にひっそりとお店をかまえている
PATE屋の店主、林のり子さんは、元建築家で縄文の食も研究されている方。

おいしいものを食べているという実感は、鈍ってしまっていた味覚を呼び戻してくれるようです。
各350円でパン付きです。
どうぞご賞味ください。
posted by BankART1929 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

CREAM打上げ

昨日、先月終了したヨコハマ国際映像祭「CREAM」の打上げがBankART Studio NYKで開催されました。
展覧会関係者やCREAM応援団の皆さんが集合し、お疲れ様と労をねぎらいました。
横浜市創造都市推進事業本部部長の秋元氏の挨拶を始めとして、映像祭ディレクターの住友氏、横浜芸術文化振興財団事務局長の堀江氏から挨拶、そして乾杯へ。

cream091205.jpg

いろいろ問題点もあがった今回の展覧会でしたが、「映像都市 横浜」を掲げて次回も進めていってほしいと思います。
本当にお疲れさまでした!
また次回の開催を楽しみにしています!
posted by BankART1929 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

神奈川まちづくり会議イン横浜

091205.jpg

NPO日本都市計画家協会神奈川支部主催の神奈川まちづくり会議が開催されました。
神奈川県内で地域まちづくりに関わる方々が集まり、「活動の拡げ方」や「活動資金のつくり方」「自治体や行政との関係性づくり」などなどテーマ別にテーブルセッションを行うとともに、これまで活動してきた事例や今後の方向性について語りあいました。
日本都市計画家協会では、各地のユニークなまちづくりに「日本計画家協会賞」を贈っており、これまで神奈川県内での受賞団体は7団体もあるそうです。参加されていた皆さんとても積極的で、活発な意見が飛び交っていました。
posted by BankART1929 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

桐山の家の冬じまい

夏に開催された大地の芸術祭。BankARTでは「桐山の家」をオープンさせました。鈴虫が鳴いていたあの夏の日からもう妻有は冬の季節です。

今回、桐山の家の冬じまいのために妻有へ向かいました。
駅からの道行き、収穫後の棚田には水が張っていてとてもきれいに見えました。桐山に着くと、道標になっていたコモレビデザイン+共同アトリエの照明がぽつんとしていました。

PAP_0012.JPG
夏の光景を思い出します。みんなに応援されて、子供が汗をかきながらかき氷自転車をこいで楽しんでいました。電話工事の方がアシナガ蜂に刺された事がありました。もう空の巣です。

PAP_0011.JPG
桐山は晴れていました。雪もまだありません。
それでも曇るととても寒かったです。

17時過ぎには、真っ暗。

妻有.jpg
実験的にグレーチングで雪囲い。
お風呂の窓からきれいに月夜が。ゆっくりつかる時間がなくて残念でした。

元栓をしめて水抜きをして終了。
また桐山の家でみなさまを迎える日を楽しみにしています。
posted by BankART1929 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

国際映像祭が終わり、現在搬出が続いている。映像祭で、半透明の遮光フィルムを窓に使用し、港の風景を取り込みながら展示を行っていたのはとてもいいなと思っていたが、塞いでいた窓が開き、実際に室内に光が入ってくると、また特別の開放感がある。

北に位置するBankART Studio NYKの冬、陰鬱で暗い感じがするかというとそうでもない。むしろ河面からの反射光が、常にテラスを照らし、気持ちのよい空間を提供してくれるのだ。今日のような風のない冬の日は本当にいい。

ikedaboyaki-1.jpg

ikedaboyaki.jpg

さっき、12月は少しは暇かと思って、年末年始のことをみんなで話あっていたら、イベントや展覧会、リーフレット、本の入稿等あり、予想より沢山の仕事が残っている。
あーあ。こんな日は猫のようにテラスで一日うとうとしたいのだけれど。
posted by BankART1929 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする