2011年04月30日

続・朝鮮通信使2011春 ソウル

どしゃ降りの雨の中、ソウルの新堂(シンダン)にあるアートスぺースへ。しかし迷ったあげく着いたのはなぜか大きなアーケードのある巨大食品市場。それも店の前の道路に、また別の露店が二重構造となってひしめく、いかにも昔ながらのソウルという感じのところ。肝心のアートセンターはどこ?市場の真ん中まで歩くと突然、地下へ降りる不思議な階段が・・。恐る恐る下るとそこには、地上の喧騒とは無縁の秘密基地ならぬ、アーティストスタジオが点在する異次元空間が広がっていました。ここは繊維関連の市場でしたが、空きが多いため、ソウル芸術文化財団が主に若手アーティストのスタジオとして整備したもの。その数はざっと50箇所以上、全体の約4割をしめる。歴史は夜、アートは地下で?創られる!どちらもやや薄暗いところが、共通しているようです。
新堂(シンダン)0.jpg

新堂(シンダン).jpg

新堂2(シンダン).jpg

そのあとBankARTと交流事業を提携しているグムチョンアートスペースへ。矢内原さんも同行。つい最近まで藤井雷さんが滞在していた場所だ。スタジオ、展覧会会場を案内してもらう。オープンの際に訪れたことがあるが、アットホームな感じで推移しているように思えた。
グムチョン.jpg

グムチョン2jpg.jpg

次の訪れたのはムンレイにあるソウル芸術文化財団が新築したアートスペース。ここで知り合いのアーティスト、キムガンと合流。すぐ近くで彼女自らがイニシアティブをとって運営している町工場の2階を中心に活動しているアートビレッジを案内してもらう。
ムンレイjpg.jpg

Iムンレイ2.jpg


そのあと弘大(ホンデ)にあるキムスヒョンさんが経営するスッカラカフェへ。日本からの合流組、韓国の友人やBankARTでTETSUSONに参加している歴代の韓国の若い作家たちが集まってきてしばしの宴会。楽しいソウルの夜でした。
スッカラカフェ.jpg

スッカラカフェ2.jpg
posted by BankART1929 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉大学卒業設計展2011

2010年度の最後の卒業展は、千葉大学の有志による卒業設計展2011。この連休3日間で開催されます。
今日は、公開講評会とトークセッションが行われ、大勢のお客様がいらっしゃいました。ゲスト審査員に、西沢立衛氏、トーマスダニエル氏、饗庭伸氏、吉村靖考氏を迎え、アドバイザーとして、千葉大学の岡田哲史氏が参加。ゲストの西澤氏からは、未来に対する興味、情熱に感動しました、と心強いお言葉がありました。最後に岡田先生の乾杯で懇親会を開催。
最後の卒業展ということで大変力のある展覧会になっています。明日までの開催ですので、ぜひご来場ください。
DSC_0053.jpg

DSC_0046.jpg

DSC_0047.jpg
posted by BankART1929 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする