2012年04月24日

『中原佑介著作選集3巻と6巻』が刊行

『中原佑介著作選集』(各2,625円/全12巻/現代企画室+BankART出版)の3巻(前衛のゆくえ アンデパンダン展の時代とナンセンスの美学)と6巻(現代彫刻論 物質文明との対峙)が発刊された。既刊の1巻と5巻に続くシリーズ。前回の配本は、ちょっと難しい内容だったけれど、今回の配本、特に6巻は現代彫刻論を収めたもので、とても読みやすいものになっている。第三回配本は2012年夏になる予定。

写真6.JPG

写真10.jpg
posted by BankART1929 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

横浜インターナショナルスクール卒業作品展

横浜インターナショナルスクールは、1924年に創立された歴史ある学校です。その美術科の卒業生13人の卒業制作展が、学校主催によりBankART Stiudio NYKの2階ABギャラリーで開催されました。バンカートでの開催は、昨年、一昨年に引き続き3回目です。これから、美術やデザインの領域に進もうとする生徒さんたちの、大学入学資格試験を兼ねています。各人が複数の作品を持ち込み、その展示の仕方も作家である生徒自身が決めていきます。もちろん先生方のヘルプの元で。下級生も授業の一環で来場したり、親御さん達が受付にシフトで入るなど、学校全体で卒業生を応援しているのが伝わってくる暖かみのある展覧会でした。

写真7s.jpg

写真8s.jpg

R0013168s.jpg
posted by BankART1929 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

FOOD featuring Nils Petter Molvaer コンサート

バンカートでもおなじみの"超歌唱家" 巻上公一さんの主催で、イアン・バラミー(サキソフォン)とトーマス・ストレーネン(ドラムス)二人のジャズユニットFOODとニルス・ペッター・モルバル(トランペット)のコンサートを開催しました。篳篥の中村仁美さん、パーカッションの神田佳子さん、もちろん巻上さんもテルミンとヴォイスで参加する豪華メンバーです。最初に日本人ミュージシャンのセッション、休憩を挟んでFOODとニルス・ペッター・モルバルのセッション。そして最後には、パーカッションVSパーカッション、トランペットVS篳篥、サキソフォンVSテルミンの異種格闘技風セッションとMakigamiワールドならではのバラエティに富んだコンサートでした。

1141377_1609601055_75large.jpg

R0013166.JPG
posted by BankART1929 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

よこはまシャルソン

コースなし競争なし徒歩あり休憩あり、街や人や風景を味わう自由なマラソン。
このシャルソンは、街の持っている財産を再発見したり、街の人とふれあったり、ソーシャルメディアでそれを伝えたり、というような、街を楽しむための新しいプログラム。
主催でもある、おもいやりライト運動(交通事故の多い夕刻に車のヘッドライトを早めに点灯して事故を防ごうという運動)の、実験としても位置づけられていたようです。
BankARTは、そのスタート・ゴール、報告パーティの会場となりました。
スタートは、随時だということもあり、またMiniギャラリーでは街の中にでた参加者の方々の様子をUstream中継するという趣向もあり、絶えずなにやら賑やかな状態。
あいにく一日中雨の悪天候でしたが、多くの方が参加されました。

sharuson.jpg
posted by BankART1929 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

BankARTかもめ荘終了

BankARTかもめ荘が終了した。かもめ荘は日之出町地区都橋の近くに建つ「野毛マリヤビル」という名のペンシルビルにある。オーナーは野毛マリヤという蹴鞠を作ってきた横浜の老舗だ。横浜ACYの杉崎さんから紹介されて、ビルまるごとをBankARTで2007年にお借りした。借りた当初は、1Fが矢内原充志氏率いるニブロールアバウトストリートのブティックと仕事場。2Fが姉、矢内原美邦氏と高橋啓祐氏からなるオフニブロールがダンス関連で活用。3Fと4FがBankARTで活用(かもめ荘)。2009年頃からは、BankARTが2〜4Fを主に国内外のアーティストのための居住スペースとして活用した。4年余であったが、様々なアーティストに活用してもらった。
本町の旧第一銀行を活用したBankART 1929 Yokohamaを2009年にリタイア。黄金町のイニシアティブプロジェクトBankART桜荘も2010年にリタイア。ということで、海岸通りにあるBankARTの本拠地、BankART Studio NYKとの関係も遠くなり、これ以上BankARTがこの建物を活用するには無理がでてきた。それで新・港区をスタートするにあたり、全体を見直した結果、今回こういう結論になった。美しい桜の大岡川を臨みながら、この建物とも今日でさよならする。本当にありがとうございました。レジデンススペースは、NYKに近いエリアで再びゲットする予定だ。

kamome_last.JPG
posted by BankART1929 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

外に出ると、風は少し強いですが、春らしい日差し。
どこからともなく、サクラの花びらが、NYKのデッキに舞い降りてきました。
春が来ました。

sakura.jpg
posted by BankART1929 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

「ハンマーヘッドスタジオ 新・港区」

新港埠頭に建つ、新港ピアの活用のプログラムが始動した。その名も、「ハンマーヘッドスタジオ 新・港区」。横トリと特別連携した「新・港村」は、ちょっと独立国のようなイメージもあったが、今回は「市」に属する(!?)。原則として巨大なクリエイターの共同アトリエとして運用され、2年間の日常が、この場所で継続されるはずだ。もちろんオープンスタジオの等のイベントは、行なうが回数・期間は限定される。連休に向けてオープンを目指す。

※ 募集について詳しくはBankART1929のHPのwhat's newからpdfをダウンロードしてください。
http://www.bankart1929.com


IMG_0677.jpeg

IMG_0687.jpeg

IMG_0693.jpeg

IMG_0712.jpeg

IMG_3458.jpeg
posted by BankART1929 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

春の嵐。

春の嵐。予想は的中というよりも、予想を遥かに上回る強風。あんなにがっしり固定したのにかかわらず、またしてもリムジン屋台が倒れた。もちろん人など誰も来ない、とおもいきや、釜山から、歴史的建造物の活用の研究されている李さんがびしょ濡れで来館。明日のACYとのミーティングのために本日は関内に宿泊。その方とははじめてだったが、コーヒーをのみながら、しばしの釜山、韓国雑談。多くの共通の友人の名前がでてきて嬉しかった。20時現在、風も雨も随分おさまってきた。パブを開けるか閉めるか迷ったが、この様子だと通常通りの23時までいけそうだ。明日は晴れて欲しい。

12-04-03 17 57 54.jpeg
posted by BankART1929 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする