2012年10月07日

大野一雄フェスティバル2012 横浜ダンス界隈2012

恒例の横浜ダンス界隈、今年はフェスティバル最終日に開催です。ちょっと雨模様で心配でしたが、なんとか無事に催行できました。スタートは、ダンスダンスダンスオープニングでベイサイドバレエが行われた赤レンガパーク、プロジェクト大山版「白鳥の湖」でした。どこに瀕死の白鳥が登場したのかと考える間もなく、一隊は象の鼻パークへ。横浜港をバックに白づくめの藍木二朗の静謐なソロ、スズキ拓朗の象の鼻と戯れるコミカルなダンスを堪能したあとは、旧第一銀行のヨコハマ創造都市センターへ。パントマイムの大御所ヨネヤマママコの若々しい動きに見とれてしまいました。さてそこから、ジャズプロムナード街角ライブの行われている馬車道駅構内に降りていくと、ソケリッサのおじさん達が地面からわき出るような自然な踊りを踊ってました。そして最後は北仲第二工区へ。関東学院野球部OB達がキャッチボールする硬球を天体の動きに見立て、コンテンポラリーダンスの岡登志子が宇宙論的なソロを披露しました。毎日様々のイベントが繰り広げられる横浜の街に出て、人や物や出来事に出会い、ダンスの多様さと生命力をあらためて実感できました。天候不順な中でご参加頂いたお客様、ありがとうございます。また、ふだんはダンス公演などは行わない場所で開催するため、本当に多くの皆さまにご協力とご理解を頂きました。みなさん、ありがとうございます!

ydkb-06.jpg

ydkb-15.jpg

ydkb-22.jpg

ydkb-31.jpg

ydkb-40.jpg

ydkb-44.jpg
posted by BankART1929 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする