2018年01月26日

ノ・ギフン「Moon and Light」〈横浜・韓国AIR 2017(続・朝鮮通信使2017)〉

BankART1929が2010年から継続しておこなっている日韓交流プロジェクト「続・朝鮮通信使」。今年度は、韓国の4つの施設や組織と連携し、夏秋にかけてAIRのプログラムを開催してきました。本展がその最後のプログラムで、仁川アートプラットフォームから3ヶ月間BankART Studio NYKで滞在制作を行ったノ・ギフン氏の成果展をMini Galleryにて開催しました。
ノ・ギフン氏は、「今、ここ」をテーマに、ドキュメンタリーの手法に基づき、写真、パフォーマンス、インスタレーションなどを制作しています。韓国で最近行った個展「1号線」では、日本の植民地時代に建設された最初の鉄道(1号線)を撮影し、過去と密接に関係している現在の空間を表現しました。
今回の日本での滞在中、彼は日本初の鉄道路線である新橋駅―桜木町駅をテーマに作品制作を行いました。日本の都市の夜の姿に興味を抱いた彼は、桜木町駅から出る上りの最終電車に乗って各駅で下車し、古本屋で購入した19 世紀の地図を頼りに、東京まで歩きながら、都市の風景を撮影することを試みました。本展では、月明かりと人工光に灯された日本の都市風景11点を展示しております。初日にはオープニングパーティーを開催、彼の友人、界隈の作家、美術関係者が駆けつけてくれました。展覧会は2月4日[日]まで。ぜひ、お越しください。

3G5A0383.jpg

3G5A0328.jpg

3G5A0366.jpg

3G5A0402.jpg

3G5A0363.jpg

3G5A0389.jpg
posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

横浜コミュニティカフェネットワーク「コミュニティカフェがその価値を発揮するために」 2018年1月19日

「コミュニティカフェ」とは、家でも仕事でもない第三の居場所として、どんな人でも気軽に入れる、地域の溜まり場や居場所のこと。横浜コミュニティカフェネットワーク(YCCN)は、コミュニティカフェの可能性追求と発信、運営者同士による学びあいの場を構築することを目的とし、2014年に設立され、2015年度から横浜市市民局の自主事業の一環として活動している。今回は、3年間取り組んできた活動報告会、交流会をkawamata Hallにて開催した。現在、横浜市内には「コミュニティカフェ」的な場が50〜70箇所はあり、そのなかで23施設がYCCNに参加、連動している。多世代交流、高齢者の見守り、子育て支援、自然環境の保全、歴史資産の活用、防災など、活動は多岐に渡っている。
報告会では、各運営者の成果と課題の発表、啓発冊子を発行したこと、最後に今後の可能性についてディスカッションした。3年間の活動実績を整理し、今後も引き続き活動を続けていくようだ。

yokohamaccn2018-1.jpg

DSC_0008.JPG
posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

MEDIA PRACTICE 17-18東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻 年次成果発表会修士課程修了制作展|修士一年次成果発表 2018年1月14日

横浜市中区、中華街近辺に拠点を置く東京藝大の映像研究科メディア映像専攻の展覧会を1月12日〜14日に開催。7月には中間発表的な展示を行ったが、今回は修士2年生11名による修了制作と修士1年生15名による年次成果発表になる。メディアアート、写真、映画、演劇、漫画と表現は多彩。様々なアイデア・技法で越境を試みる見応えの多い作品が会場に並んだ。コンスタントに来館者は多かった。13日[土]にはゲストを招いての講評会、シンポジウムを開催。

DSC_0116.JPG

DSC_0119.JPG

DSC_0124.jpg

DSC_0126.JPG

DSC_0133.JPG

DSC_0138.JPG

DSC_0136.JPG
posted by BankART1929 at 21:00| Comment(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする