2018年02月28日

バンカートスクール 2018年2-3月期について 2018年2月28日

今期のBankART スクール、前半が過ぎようとしているが、濃い授業が続いている。建築列伝は、磯・五十嵐先生の緻密なコーディネートにより、歴史的な建物を担当した専門家が次々に登壇し、深い詳細の話を披露してくれるし、これから建築界を引っぱっていくような若い意気のいいチームを紹介してくれたり、とても豊かだ。写真についても、猛者が連続して登場し、ご自身の話が中心ではあるが、写真についての根本的な視点を情熱的に語ってくれている。山田正亮をキーワードにモダニズムの歩み、視点についての理論をきちんとお話いただいている早見先生のゼミも好評だ。村田+和田先生の美術館についてのゼミは、毎週登壇も交代しながら進んでいるが、内容的にも建物とコンテンツを往来しながら展開されていて、美術館の様々な断面を見せてくれている。ブルースは、BankARTでは異色のゼミだが、古い音楽をレコード盤等もかけながらのゼミは楽しい。
これから、まだまだ続くが、息が切れないように、しっかりと推進していきたい。

五十嵐太郎+磯 達雄 「横浜建築列伝4」
DSC_0133.jpg
萬代恭博(坂倉建築研究所、神奈川県庁新庁舎ほかについて)

IMG_0072.jpg
田村圭介(昭和女子大准教授/元 FOA、横浜客船ターミナルについて)

スクリーンショット 2018-03-01 12.49.27.jpg
冨永美保(トミトアーキテクチャ、CASACO について)

写真ゼミ
3G5A0578.jpg
楢橋朝子

3G5A0519.jpg
飯沢耕太郎

早見 尭ゼミ
早見ゼミ.jpg

村田 真+和田菜穂子ゼミ 「美術館の読み方、楽しみ方2」
IMG_0120.JPG

鈴木啓志ゼミ ブルース
ブルース 鈴木ゼミ.jpg
posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする