2020年02月21日

アイムヒア プロジェクト|渡辺 篤「修復のモニュメント」 2020年2月21日〜3月15日

美術家・渡辺篤氏が発足、中心となって活動している「アイムヒア プロジェクト」による展覧会「修復のモニュメント」をBankART SILKで開催。
自身も過去にひきこもりの経験を持つ渡辺氏。2013年ひきこもり生活から美術家として復帰後、横浜を拠点に、制作・発表・出版活動・またそのプロジェクトへの取材対応と、どれも丁寧に対応され、活発な活動が続いている。

「修復のモニュメント」は、ひきこもり当事者・経験者6名との、対話の中での共同制作などを展示。「被害者と加害者の振り分けを越えて」は、会場に渡辺氏が作成したコンクリートタイルが敷き詰められており、そこを壊しながら歩かないと作品を見ることができない。つまり足元のタイルを壊して加害者にならないと作品に近づけない状況を作っており、気づかずに人を傷つけていることを可視化した展示である。

オープニングでは渡辺氏は、「ここに居る人たちで喜びを感じ合いましょうではなく、今日ここに居ない人の事を想像してみてほしい」と。

これまでの活動をまとめた作品集『I’M HERE』も刊行。

1_2N0A4273.jpg

3_2N0A4313ts.jpg

4_2N0A4386.jpg

4_2N0A4499.jpg

4_2N0A4474.jpg

4_2N0A4527.jpg

4_2N0A4505.jpg

4_N0A4255.jpg

3_2N0A4567.jpg

1_DSC_0004.jpeg
『I’M HERE』1,000円+税
会期中のみ税込1,000円で販売



posted by BankART1929 at 23:00| Comment(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

TPAM2020 ARICA「KIOSK」 2020年2月11日

国内外の舞台関係者が、公演プログラムやミーティングを通じて交流する国際舞台芸術ミーティングTPAM(ティーパム)が今年も横浜でスタート。
BankARTでは、公募プログラムである「TPAMフリンジ」を開催。
BankARTステーション第一弾は、演出家・藤田康城、詩人・倉石信乃、俳優・安藤朋子、プロデューサー・前田圭蔵らが中心の演劇グループARICAが登場。演目は2006年BankART Studio NYKで新作として発表したキオスクで働く元女綱渡師の仕事風景を演じる一人芝居「KIOSK」。ARICA代表作の一つで、日本では12年ぶりとのこと。今回は美術に西原尚、映像に越田乃梨子を迎えアップロードされた本作を、実際の駅構内であるBankARTStationで開催することとなった。
2/9-11の3日間のうち5回公演。毎回席も満員で、評論家、学芸員、ミュージシャン、美術作家、建築家、海外の演劇関係者と幅広いジャンルの著名人が訪れていた。

KIOSK 2020
KIOSK 2020
演  出:藤田康城 
テクスト:倉石信乃
出  演:安藤朋子
音楽・演奏:福岡ユタカ 高橋永二郎
美  術:西原 尚
映  像:越田乃梨子
衣  装:安東陽子
     渡部直也 
照  明:千田実
音  響:田中裕一
機械装置:高橋永二郎
ハタキ制作:勝本みつる
演出助手:萩原雄太
宣伝美術:須山悠里
制  作:福岡 聡 茂木夏子

ARICA KIOSK 2020 0C2A0102.jpg

ARICA[KIOSK] Miyamoto Ryuji c️2020 0C2A0871.jpg

ARICA[KIOSK] Miyamoto Ryuji c️2020 0C2A0773.jpg

ARICA[KIOSK] Miyamoto Ryuji c️2020 0C2A0931.jpg
写真 宮本隆司 c️.jpg2020


posted by BankART1929 at 00:00| Comment(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする