2021年01月23日

「アートブック/アートグッズpart2」開催中! 2021年1月23日

「アートブック/アートグッズpart2」が、 コロナ禍の中、「BankART KAIKO」で、1月15日(金)から開催されている。これまで BankARTの活動でおつきあいいただいた作家と公募で作品を提供していただいたクリエイターからなる。作品の価格帯を200円(ポストカードのようなもの)から10万円とし、作家が作品を提供しやすく、購入される方にとっても、プレゼントクラスの価格帯に限定した。参加クリエイターの数は、180名を超え、画集や出版物を加えると2,000点は優に超える。

単価が安いというのもあり、一日に数十点「作品」が購入されていく。これまでのBankARTの大半の催しが、大型で主に見てもらうだけの展覧会が多かったので、こういった経験はとても貴重である。「家に作品をもって帰る」という「事件」は、売る側も購入する側も、そしてつくる側も、自然に背筋をのばした責任感のある気持ちにさせてくれる。こうしたいつもと異なる気持ちは、家族に浸透し、社会ににじみ出て、近い将来、きっと大きな花をさかせるだろう。


IMG_1047.jpg

f0101440.jpg

f0145792.jpg

IMG_1081 2.JPG

IMG_1051.jpg

IMG_1036.jpg

IMG_1082.JPG

posted by BankART1929 at 12:00| Comment(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

BankART妻有 2021年冬  2021年1月22日

大地の藝術祭の拠点ゾーンのひとつである新潟県松代から、「BankART妻有」の写真が送られてきた。いつもお世話になってる現地の工務店の方が、雪下ろしを請け負ってくれている。その報告写真だ。うーん。既に何階建ての建物かわからない。2F(+3F)がある我が家が、平屋にもみたない存在に変わり果てている。そして、「まわりにはもう雪を下ろす場所がない」というコメントが添えられている。横浜にいて何かできるわけではないが、夏の藝術祭参加を夢見ながら、春の雪解けまでなんとか無事にもって欲しいと祈るばかりだ。

妻有.jpeg

スクリーンショット(2021-01-23 16.16.28).png

スクリーンショット(2021-01-23 16.16.38).png

スクリーンショット(2021-01-23 16.16.15).png

posted by BankART1929 at 15:00| Comment(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする