2010年12月12日

ヴッパタールタンツテアター&大野慶人「たしかな朝」

大野一雄フェスティバル2010の最終公演を飾るのは、ヴッパタールタンツテアターの中心ダンサー、ジュリー・アンヌ・スタンザクとエディー・マルティネスと大野慶人による共同制作公演「たしかな朝」。ヴッパタールタンツテアターのお二人の陽気で力強い動きと大野慶人のユーモアあふれる作品です。会話、お互いを意識しあう動き、枯れ葉、コーヒー等の日常の要素を舞台に持ち込み、人と人の関係や空間を変えていきます。舞踏の静的な動きとダイナミックなタンツテアターが嚙みあう作品を作り出していました。

tashika1.jpg

tashika2.jpg

tashika3.jpg

tashika4.jpg
posted by BankART1929 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック