2011年01月22日

藝大先端2011公開シンポジウム

藝大先端2011公開シンポジウム「メディアとしての展覧会」がBankART Miniで開催されました。
パネラーは、昨年の釜山ビエンナーレディレクターの東谷隆司氏、森美術館で個展開催中の先端准教授小谷元彦氏、昨年までアートフェア東京のディレクターをつとめ、最近白金にギャラリーをオープンした辛美沙氏。まさにホットな人選です。最前線をいく各パネラーから、立場は異なりますが、「これからの展覧会の可能性」について、4時間に及ぶ熱い議論が交わされました。
学生だけでなく、専門家も数多く含む幅広い年代の方が参加され、盛況のうちに終了しました。参加者は約130名でした。パブゾーンでも結構聞いていましたから、もっといらしたかも。

シンポジウム1.jpg

シンポジウム2.jpg
posted by BankART1929 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック