2012年10月05日

BankART school 五十嵐太郎+磯 達雄「Twitter時代の建築批評講座」

金曜日は五十嵐太郎氏+磯 達雄氏による「Twitter時代の建築批評講座」。受講者が毎回、140字以内で建築についての文章を提出し、それを合評する講義です。今日のお題は「GOTENCHO APARTMENTとその周辺の建築」。課外授業でオープンハウスに行った武蔵小山の新築賃貸マンション「Gotencho
Apartment(納谷建築設計事務所+三菱地所ホーム)」と、その周辺:川崎市民ミュージアム、ラ・チッタ・デッラ、ミューザ川崎シンフォニーホール、ラゾーナ川崎プラザをテーマに提出した文章から講師と受講生がベスト3を選び、投票結果についてコメントし合います。書き手と読み手、ふたつの立場にまわる意見交換は盛り上がり、受講生の客観的な批評脳が鍛えられる模様。建築を前にしたときに伝えたいと溢れでる言葉、外観の特徴、感覚的な気づき、ユーモアの視点…。それを140字までギュッと削ぎ落とす至難の作業に頭をひねらせながら、一同鋭意つぶやき中。

磯五十嵐10.5.JPG

磯五十嵐10.5-1.JPG


posted by BankART1929 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック