2012年10月05日

大野一雄フェスティバル2012 「病める舞姫」を読み解く作品連続上演Vol.2 田辺知美、川口隆夫 「病める舞姫」をテキストに − 2つのソロ 

土方巽の「病める舞姫」を読み解くプロジェクト第2弾です。畳1畳の空間で、田辺知美、川口隆夫それぞれ二つのソロが展開します。畳1畳という限定された空間に、最小限の照明が灯されるなかで、土方巽の凝縮された世界が見えてくるかのようです。観客は畳をぐるりと取り囲み、互いを見合わすように、ここに起きる出来事の証人として、作品に参加します。このようなあり方も土方ワールドを彷彿とさせます。田辺さん、川口さんはもちろん土方巽を直接知るわけではなく、その著作から作品を構想していますが、土方の強力なイメージが、時代を超えてアーティストを刺激するインスピレーションとなり、新しい作品を生み出している感じがします。ダンスのスピリットはこのような方法で受け継がれていくのかもしれません。

3G5A2242.jpg

3G5A2308.jpg

3G5A2236.jpg

3G5A2208.jpg

posted by BankART1929 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック