2012年10月06日

大野一雄フェスティバル2012 タケヤアケミ SOSに関する小作品集

「SOS」という言葉を、意味と綴りから分解して、そこからイメージとダンスを作り出す作品です、といってもぴんときませんが、たとえば、落語にある三題噺のようなことと考えるとわかりやすいかも。「SOS」とかけて、「Speech On Secret (秘密に関するスピーチ) 」と解く、その心は・・・が、タケヤさんのダンスとイメージ。また、「SOS」とかけて、「Song Of Soul (魂の歌) 」と解く、その心は・・・、という具合に、全部で31個の言葉とダンスとイメージが繋がっていく。「SOS」をキーワードに現代の危機を、「文字通り」読み解く斬新な作品コンセプトです。タケヤさんはウイーンに在住して、時々は日本でも公演がありますが、日本の震災の状況を感じながら作品を作り変えているとのこと。この作品もまだワークインプログレス、次回日本公演が楽しみです。

3G5A5915.jpg

3G5A5651.jpg

3G5A5520.jpg

posted by BankART1929 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック