2013年06月21日

重力/Note 「リスボン@ペソア」

重力/Note 主催による新作公演「リスボン@ペソア」がNYKホールで開催されました。ポルトガルの作家フェルナンド・ペソアの「不穏の書」を原作に、劇団主宰の鹿島将介さんが演出しています。ペソアは、自ら「異名者」と名付けるいくつもの人格をキャラ設定し、「異名者」がひとりあるきして創作までするという不思議な作家。「リスボン@ペソア」は、硬質な文学のテキストに向き合いながら、しっかりと作り込まれた見応えのある舞台でした。この作品は6月20日と21日せんだい演劇工房10BOXにも巡演しました。

IMGP1729s.jpg

IMGP1719s.jpg

IMGP1816s.jpg
posted by BankART1929 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック