2014年06月04日

ソウルデザインセンター

東門のソウルデザインセンターを訪ねる。
代表のChung Kook-Hyunが、以前に二度もバンカートのヒアリングにいらしてくださったからだ。
今日は約束もせずにいったのでお会いできなかったが、施設は見ることができた。
建物はザハハディドデザインで施工の悪さなど、いろんな前噂をきいていたけど、案外素直に見ることができた。内部に入って、いろんなプログラムを拝見して、Chung Kook-Hyunが運営面で苦労されていることを
話されていたことが理解できた。どんなに大きくなっても(運営予算はバンカートの20倍ぐらい)
やること、やれることは同じなのだ。

3G5A4005.jpg

3G5A4070.jpg

3G5A4129.jpg

3G5A4101.jpg

posted by BankART1929 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック