2015年10月18日

大野一雄フェスティバル2015 大野慶人「花と鳥 舞踏という生き方」

大野一雄フェスティバル第3週の公演は、大野慶人「花と鳥 舞踏という生き方]です。日本に生まれた「舞踏」が世界のダンス界に発信したメッセージのひとつは、「年をとっても踊れる」、あるいは、「年を重ねてこそ踊れる踊りがある」、ということでした。少ない動きで踊る77歳の大野さんは、ますます力強く、荒々しい空間にも柔らかく拮抗する、不思議な存在感を放っていました。

3G5A9318.jpg

3G5A9206.jpg

3G5A9052.jpg

3G5A9099.jpg

posted by BankART1929 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック