2018年09月01日

ヨコハマ創造界隈アーティストトーク 丸山純子 2018年9月1日

丸山純子氏は、立命館大学卒業後、アメリカのハンターカレッジで美術を学ぶ。日本に戻ってきてから彼女は、「生命」に関する作品に取りくみ始める。彼女が最初に素材として選んだものは、スーパーのレジ袋だ。通常なら捨てられる運命にある袋を丁寧にカット、集積し、可憐な白い花をつくりあげる。茎の部分は白い針金を用いてジョイントする。
展示の代表的なものは、建築空間の床に直接穴を開け、差し込む方法だ。まるで床(地面)から直接生えてきているような印象を受ける。大地の芸術祭での米蔵やBankART Studio NYKの巨大な倉庫空間では、誰もがたちすくむ崇高なインスタレーションを展開した。

丸山氏の作品をより高貴に導いているのは、その受ける印象の艶かしさだ。本物のようにというと語弊があるが、ビニールを用いた人工的な造花なので、つくりものの印象を受けるかと思えば、そうではない。風にゆれ、人の動きにも適度に反応する。ビニール袋の繊細な薄さと細い針金との見事なバランスが、自然の生命体の印象を喚起する構造になっているのかもしれない。またよく考えてみるとビニールの原型は太古の海底に沈んだ動物性のプランクトンの集まりの石油であり、私たちが人工的と思い込んでいるビニールは、生命体としての起源を有しているのだ。

丸山氏の横浜での貢献は、こうした作品群を通してということはもちろんだが、もうひとつは、シェアスタジオ「北仲BRICK&北仲WHITE」での活動だ。250名もの様々な方向を向いているクリエイターを束ね、浅井裕介さんとともに、オープンスタジオを成功に導いてくれた。作品を支えるフレームを自ら立ちあげる素養は、当時からずば抜けたものがあった。そんな丸山氏が、これまでの活動をまとめた小さな冊子を発刊した。BankART Home にて800円[+税]で販売中。

丸山3.jpg
「Landmark Project 2」2007

丸山1.JPG

丸山2.JPG

丸山4.jpg
「BankART LifeX〜観光」2017

丸山カタログ本文FIX-1 2.jpg
新しいカタログ。BankART Homeで販売中
posted by BankART1929 at 00:00| Comment(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]