2016年10月14日

「柳 幸典〜ワンダリング・ポジション」オープン 2016年10月14日

「柳 幸典〜ワンダリング・ポジション」がはじまった。
オープニングレセプションには、懐かしい顔が多数集まった。
今回の展示は、約30年に及ぶ作家活動の集大成(アーカイブ)であると同時に、柳氏が、今後向かっていく世界を示す展示になっている。
まずはじめに1階には、土の玉が浮遊する作品(再制作)。憲法九条をテーマにしたLEDでの新作。初期の名作、ワンダリング・ポジションの大型ドローイング群などが出迎える。
2階に上がると、初期のインスタレーションのドローイングや映像、写真等、戦争や天皇制をテーマにした作品群。アントファームのシリーズは大型作品を中心にコンセプトの強い作品。アルカトラズ(独房)のプロジェクトなどが並ぶ。
3階では、「島」についての構想を展示。犬島作品(瀬戸内国際芸術祭)のモデルを身体的なレベルまでスケールをあげたコンセプトワーク。そして、初公開となるアトミックボム(鉄製/原寸大)。最後に、ゴジラをテーマに幾度もプラン変更しながら、展覧会直前になって決定した渾身の一撃(一作)。
BankART Studio NYK全館に、時代をこえてワンダリングする柳氏の作品群が織りなす豊かで楽しい空間が生成している。

主なプレスを参考にピックアップする(今後もたくさんでるのでまたお知らせします)
NHK 首都圏放送「現代美術作家の作品展 横浜」10月16日
http://bankart1929.com/cms/wp-content/uploads/2016/10/20161016_NHK_NEWS_WEB.pdf
産経新聞 2016年10月20日朝刊 文:渋澤和彦
http://www.sankei.com/life/news/161020/lif1610200031-n1.html
アートWEBマガジン「創造都市横浜」 文:猪上杉子
http://yokohama-sozokaiwai.jp/person/14460.html
月刊ギャラリー 2016年10月号 32・33ページ
http://bankart1929.com/cms/wp-content/uploads/2016/10/g-gallery1610.pdf

会期は12月25日[日]まで(会期中無休)
期間中は、トークや関連イベントも開催する。
詳細はこちら
http://bankart1929.com/archives/1079

yanagiOP-0.jpg

yanagiOP-1.jpg

yanagiOP-2.jpg

yanagiOP-3.jpg

yanagiOP-4.jpg

yanagiOP-5.jpg

yanagiOP-6.jpg

yanagiOP-7.jpg

yanagiOP-8.jpg

yanagiOP-9.jpg

yanagiOP-10.jpg

yanagiOP-11.jpg

yanagiOP-12.jpg

yanagiOP-13.jpg

yanagiOP-14.jpg

posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

Dialog- 柳 幸典との対話 Vol.2 「広島と柳 幸典」出原 均 2016年10月8日

福岡生まれの柳氏は、大学は東京とニューヨーク。その後、1990年初頭から現在に至るまで広島を拠点に活動を続けている。出原氏は2000年、広島市現代美術館のキュレーターとして、柳氏の大規模な個展を企画した学芸員だ。
生土を使った初期の展覧会、あきつしま、アルカトラズ等の島のプロジェクトにフォーカスしながら柳の作品のコンセプトにせまる。そして、場所の歴史と時間の流れについて敏感に反応しながら展開してきた柳の作家としての生き方を示してくれた。

3G5A4890.jpg

3G5A5045.jpg

3G5A4966.jpg

3G5A4939.jpg

3G5A4997.jpg


posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

SayakaMotaniCollective二言語音声劇 「ルバイヤート」 2016年10月2日

今年の春、BankARTAIR2016に参加したSayakaMotaniCollectiveによる二言語音声劇 「ルバイヤート」をkawamata Hallで開催。
AIRのオープンスタジオで制作し、初披露した本公演。今回は、演奏にコントラバス奏者・作曲家の斎藤徹氏を迎え、英語と日本語の二言語にコントラバスの音色が加わった詩劇となった。

rubaiyat021016-1.jpg

rubaiyat021016-3.jpg

rubaiyat021016-4.jpg
posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

横浜コンテンポラリー・アンサンブル 第 1 回コンサート 「イタリアから」  2016年10月1日

横浜コンテンポラリー・アンサンブル 第 1 回コンサート「イタリアから」をkawamata Hallで開催。
このコンサートは、世界各国の現代音楽の演奏すること、そして在日作曲家にチャンスを与えるという二つの目的とし、神奈川を拠点に活動する作曲家ゼミソン・ダリル氏(カナダ出身)と作曲家・ヴァイオリニストのヨハナン・ケンドラー氏(イスラエル出身)の2人が企画した。コンサートプログラムは戦後期以降の、1950〜60年代の前衛的で因襲を打破するような巨匠から若手作曲家まで、幅広い作品を披露した。


unnamed.jpg

IMG_4221.jpg

IMG_4433.jpg

IMG_4440.jpg
posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

いま紐解く楠原映二のエッセンス Vol.2 2016年9月25日

「いま紐解く楠原映二のエッセンス Vol.2」という映画上映、トークイベントをkawamata Hallにて開催。
本イベントは、今年4月にも行い、その続編となる。http://bankart1929.seesaa.net/article/437099162.html
今回は、俳優楠原映二が徹底してこだわった「ジャパニーズイングリッシュ」がテーマ。 日本人ならではの英語の発音や言い回しが引き起こす行き違いや、それを乗り越えるコミュニケーションのあり方、さらには英語圏で生きる日本人としてのアイデンティティの確立法など、フィルムや舞台映像などに残された楠原自身の肉声や縁の深い人々へのインタビューを通じて、そのエッセンスに迫っていった。


_DSC0011.jpg

_DSC0002.jpg

_DSC0016.jpg
posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

ルーベン・キーハン 2016年9月23日

古い友人のルーベン・キーハンが、アジアンリンクのレジデンシープログラムで、Arts Qld(アーツクイーンズランド)からの援助を受け、BankART1929をベースに、横浜に滞在することになった。9月23日(金)の夜、身近な人たちに声をかけ、welcomeパーティを行った。もともと、日本とはとても関係の深い人。旧友にあえて楽しい時間を過ごした。滞在の目的は、平成元年(1989年)以降の日本の現代美術に焦点を当て、研究と執筆を通して、日本美術の知識を深めていくとのこと。

【ルーベン・キーハン】
オーストラリアのキュレーター、ライター。1990年代後半からシドニーのアートスペースで活動。オーストラリア写真センター(ACP)やシドニー現代美術館(MCA)などでキュレーションを行った。2011年よりクイーンズランド州立美術館(ブリスベン)でアジア現代美術部門のキュレーターを務め、「アジア・パシフィック・トリエンナーレ」(APT)の第7回(2012)、第8回(2015)を企画。その他に、草間彌生個展(2011)や、「We can make another future: Japanese art after 1989」(2014)などをキュレーション。最近では、国立国際美術館(大阪)、シンガポール美術館が共同で開催した「Time of others」を共同企画した。

_DSC0025.jpg

_DSC0024.jpg

_DSC0037.jpg

artspace_004.jpeg

posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

五十嵐太郎+磯 達雄「横浜建築家列伝vol.3」スタート 2016年9月15日

五十嵐太郎氏+磯 達雄氏による「横浜建築家列伝vol.3」がスタート。本講座は、先進的な都市空間であり続ける横浜が、どんな建築家によって築かれてきたのか、その歴史と将来を考えるインタビュー・シリーズの第3弾。初回は、磯氏によるこれまでのおさらい。今期の特徴としては、若い建築家やシェアスタジオについても取り上げていくことがあげられる。大津ビルから北仲BRICK、宇徳ビル、新港・区等々。東京にももちろんシェアスタジオはあるが、こんなにも集中してやっている箇所は他にないと言えるので、そのことについても考察していくとのこと。
[3期ゲスト]高橋志保彦、長島孝一、中田準一、中尾明、高橋一平、鎌田友介・加藤直樹、宮 晶子

_DSC0002.jpg

_DSC0006.jpg
posted by BankART1929 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

BankARTスクール 堀 浩哉「境界線上の美術」スタート 2016年9月14日

堀氏は、美共闘(多摩美闘争)のリーダーだったが、多摩美の油画の教授を長くつとめ、昨年度、大学を停年退職した。今年の釜山ビエナーレにも選ばれ、初日にパフォーマンスを披露する等、その活動は衰えをみせていない。
アートに今、何ができるのか、という普遍的な問いかけに真正面からぶつかっていく姿を若い作家たちにさらけだす。さて皆さん、ついていけるか?

_DSC0040.jpg

_DSC0045.jpg

_DSC0044.jpg

2016-09-14 21.33.33.jpg

posted by BankART1929 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広松木工 家具個展 2016「So many families, so many lives」 2015年9月16日〜25日

福岡の大川の家具メーカー、広松木工の恒例の家具展が始まった。荒々しいコンクリート壁と真っ白な絨毯が調和されている空間に、天然木の家具たちが優雅に並べられる風景も今年で4回目。今年のテーマは、「So many families, so many lives」。「家族の風景」を意識した新作は、東京下町のデザインアトリエ「SyuRo」とのコラボレーションで、お皿や服なども一緒に展示され、暮らしに溶け込んだ様子を感じ取れる構成になっている。
「こども椅子作り」のワークショップ、9月22日(木)~ 24日(日) は一部商品を特別価格で販売等、例年通りの催しも開催。

hiromatsu16_1.jpg

hiromatsu16_2.jpg

hiromatsu16_3.jpg

hiromatsu16_4.jpg

hiromatsu16_5.jpg

hiromatsu16_6.jpg

posted by BankART1929 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

混種現場藝術祭2016/On Site Artfest 2016 2016年9月10〜16日

台北にて開催中のアートフェス「混種現場藝術祭2016/On Site Artfest 2016 」(9.10-16)のINTERNATIONAL ART SPACEに、BankART1929が出展しました。このアートフェスの運営は、Taipei Artist Village(TAV)が行なっています。BankARTも一区画を提供され、作家を取り上げて紹介するということだったので
TAVで滞在制作中だった 片岡純也+岩竹理恵をフューチャーしました。(彼らとは、BankART AIR 2016に参加していただき、作品も購入させていただいたという縁もあったので)
またBankART1929自身の紹介も少し行っています。
同会場では、台湾藝術協会の「TAIWAN ANNUAL」も開催されていました。

DSC_0018_0.jpg

DSC_0036_0.jpg

DSC_0053_0.jpg

DSC_0078_0.jpg

posted by BankART1929 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

BankARTスクール 中谷日出「表現者のためのプレゼンテーション研究所」スタート 2016年9月12日

NHKのロゴマークのデザインや長野オリンピック国際発信公式映像監督などで著名なNHK解説委員の中谷日出氏。
人に何かを伝えるというプレゼンテーションスキルはどんな職種でも求められるもの。自分のやりたいことを実現させる秘訣から、プレゼンを成功させる極意まで、本講座で習得していく。まずは、氏が企画した番組の実現に際し、どのような戦略のプレゼンで抵抗勢力を説得してきたかという体験を語られた。「本気で行く」と先生がおっしゃるように、熱気と興奮さめやらぬ講義だった。

_DSC0035.jpg

_DSC0034.jpg

_DSC0038.jpg
posted by BankART1929 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

泰有社伊藤康文さん夫妻ウエディングパーティー  2016年9月18日

伊藤康文氏は、地元の不動産屋の主だが、創造界隈の形成に、継続的にご尽力いただいてる。
すなわち、クリエイターに対して、低廉な価格で古いビルの空き室を提供したり、シェアスタジオが形成できそうなビルを丸ごと買い上げてくれ、建築家と協同してリノベーションし、新しい物件を生み出してくれている。既に不動産という枠組みを超えて、自らが創造都市を推進するコアメンバーであるかのようだ。その伊藤氏が北海道の方とご結婚されたことを祝して、似て非works、さくらWORKS等のクリエイターが協力して、NYKでウェディングパーティーを開催することになった。クリエイターたちによるこった装飾と演出で、楽しい披露宴になった。少しずつだが、横浜の創造界隈のプレイヤーが増加し、温度があがってきているのが感じられる。

ito_weding_1.jpg

ito_weding_2.jpg

ito_weding_3.jpg

ito_weding_4.jpg

ito_weding_5.jpg
写真 Takeshi Fukushima
posted by BankART1929 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

続・朝鮮通信使2016東海道編 横浜 9月17日

久々の横浜、BankART Studio NYKでのコンサートだ。
サンドラム7名+韓国からの奏者二名、イム・スンファンとイ・ソンス。サンドラムと彼らとの出会いは、まさにここBankARTでの3年前のレジデンスプログラムの時だ。たまたま訪れた二人とサンドラムは意気投合し、その後、かなりの頻度で日韓の往来を続ける。日韓合同のCDも出したばかりだ。
それにしても今日のコンサート。パワフルだった。台湾、韓国への武者修行を通して、新しいリズムと言葉をどんどん吸収していっているのは理解していたが、それが一切ぼけないのだ。むしろシャープに増幅、展開されていってるように聞こえる。夏の最後にふさわしい大輪だったと思う。

3G5A2888.jpg

3G5A3071.jpg

3G5A3284.jpg

3G5A3418.jpg

3G5A3486.jpg

3G5A3489.jpg

3G5A3551.jpg

posted by BankART1929 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

続・朝鮮通信使2016東海道編 浜松+静岡 9月16日

浜松市駅からさほど遠くない1928年生まれの建物をセンスよく改修した鴨江アートセンターに12時着。副館長の青木さんが、見事なおもてなしで私たちを迎えてくれた。地域の人たちがつくってくれた昼食、地元の祭りを進行しているハッピ姿の人たちのお話と音楽、旧友も知人も市役所もプレスもかけつけてくれた。サンドラムが建物内外でショートプログラム。さっき伺った浜松祭りの話をすぐに自分たちのパフォーマンスにとりこみ、観客とともにダンスをパワフルに楽しんでいた。15時に出発して静岡へ。副県知事の難波さんお会いするためだ。難波さんは、横浜の国土交通省(合同庁舎)にいらしたときに、様々なかたちでBankARTを応援してくださった方だ。副知事室でコーラスを2曲。とても気に入ってくれた。サンドラムは先に横浜へ、BankARTは朝鮮通信使ゆかりの清見寺へ。

3G5A2371.jpg

3G5A2378.jpg

3G5A2461.jpg

3G5A2559.jpg

3G5A2611.jpg

3G5A2686.jpg

3G5A2809.jpg

3G5A2816.jpg

3G5A2828.jpg

posted by BankART1929 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

続・朝鮮通信使2016東海道編 名古屋 9月15日

名古屋の中川運河に13時着。名古屋で長い期間、オルタナティブなアート活動をしている武藤さんの新しいプロジェクトを見学。廃屋を改装した事務スペースとアトリエの見学のあと、サンドラムが運河の支流をパレードでぐるっと一周。リンナイのもっている姿のいい元倉庫も見せていただく。
次に名古屋港。といっても港そのものではなく、築地口の商店街。競艇場外販売所の環境対策費を活用して、BankART出身の吉田さんたちが、アートプロジェクトを展開している。5Fだての美しくリノベーションされた本拠地を中心に、展覧会を準備しいるところだった。忙しい中、おつきあいいただき、サンドラムと商店街、地域を少しパレード。
既に要所要所にレジデンススペースやギャラリーが獲得されている。経済的な安定感も含めて、さらにゾーンは広がっていきそうな勢いだ。

3G5A1415.jpg

3G5A1472.jpg

3G5A1587.jpg

3G5A1737.jpg

3G5A1746.jpg

3G5A1800.jpg

3G5A1944.jpg

3G5A1829.jpg

3G5A2053.jpg

3G5A2096.jpg

3G5A2211.jpg

3G5A2238.jpg






posted by BankART1929 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

続・朝鮮通信使2016東海道編 伊勢 9月14日

今日は東海道から外れたお伊勢さん。サンドラムが、メンバーの一部が伊勢在住ということもあり、内宮の奥山の高麗広公民館(伊勢市)で練習&コンサートをするというので、こっちに脚を向けた。お昼は普通に伊勢神宮の下宮、内宮を参拝。続・朝鮮通信使で伊勢?と思うかもしれないが、語れば長いお話がうんとでてくる関係なのだ。
夜、恐る恐る山中で開催されるコンサートに参加してみた。道程は道幅は狭いし、ガードレールもないし、ヒヤヒヤもんだがなんとかたどり着く。でもコンサートは、いつもどおりのサンドラム。少人数のコンサートでも、なにひとつ、こびへつらうことなくパワー全開だった。

3G5A0256.jpg

3G5A0302.jpg

3G5A0317.jpg

3G5A0356.jpg

3G5A0435.jpg

3G5A0786.jpg

3G5A0931.jpg

3G5A1053.jpg

3G5A1167.jpg

posted by BankART1929 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

続・朝鮮通信使2016東海道編 京都 9月13日

京都市が推進しているHAPSというプロジェクトを訪ねた。アーカスにいた遠藤さんとBankART出身の芦立さんたちが運営している。京都らしい古い町屋をセルフで改修して、事務所と小さな展示スペースを確保していた。その他にも、元小学校のリノベーションスペースに作家のアトリエを設けたり、街なかにも多くの関係物件をコーディネートしながら、街のキーステーションとして、機能し始めている様子だ。そのあと京都市立芸術大学が移転を進めている場所にいってみた。昔から部落があったゾーンの多くの物件が解体され、区画が整理されはじめかけていた。
文化庁分室が京都に設けられたり、最近、京都は何かとざわざわしている。このざわつきが、停滞した日本の文化状況を突破していく動きになるか?

3G5A0022.jpg

3G5A0078.jpg

3G5A0155.jpg

3G5A0186.jpg

3G5A0206.jpg

3G5A0221.jpg

posted by BankART1929 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

職業体験 2016年9月14日

こどもたちの職業体験の季節がまたやってきた。日数の長短はあるが、現在は市立松本中学と老松中学の学生を受け入れている。このぐらいの年齢の学生は、何を教えても、とにかく、けらけらよく笑う。一方、緊張して、かちかちになってしまう男子も少なからずいる。コーヒーの入れ方、出し方等を教えた際にみせる、はじめのおどおど感と少し慣れてきて、客にほめられたときの笑顔の素晴らしさのギャップは、オリンピックで大活躍している若年選手に負けず劣らずだ。
BankARTではこの職業体験にアチーブメントは特に設けていない。BankARTの日常の断面を中学生として、たんたんと経験してもらうだけだ。さるは、子供にクルミの割り方を教えない。そばにいて覚えようとするもの、努力しようとするものだけが、生きていけるのだ。

IMG_7087.JPG

IMG_7084.JPG

2016-09-14 11.37.43.jpg

posted by BankART1929 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

アジア・ミーツ・アジア公演 2016年9月11日

アジア・ミーツ・アジア「Unbearable Dreams タ・エ・ラ・レ・ナ・イ・ユ・メ 9-10」が、kawamata Hallで三日間開催された。このチームはアジアの現代演劇を自国に紹介し、継続的な相互交流の場を実践してきている。今回は、6都市(東京、香港、上海、釜山、テへラン、バンガドーレ)の演者が参加している。
2部作の公演で、前半は石と身体をモチーフにする連作-“Anywhere"
後半は、説話集「千夜一夜物語(アラビアンナイト)」の現代アジア版”On Thousand and One Nights"を上演。それぞれの言語、服装、表現で組み交わされる演劇は、鑑賞者も彼らとコミュニケーションを行っているような感覚になった。

_26A6146.jpg

_26A5995.jpg

dRqLI.jpeg

fRQ0a.jpeg

w1s3a.jpeg



posted by BankART1929 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BankART1929 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする